おまとめローンとして使いたい金融機関を徹底的に調べ上げる

おまとめローンは比較が重要

複数ある借り入れを一つにまとめるおまとめローンの利用を考えている方は、利用をする金融機関の比較をしっかりと行う必要があります。おまとめ前後で金利はどれだけの差になるのか、利息負担はどの程度の減少が期待出来るか、月々の返済金額は軽くなるのかなど、おまとめローンとして借りる場合には業者選びが重要となります。

 

 

消費者金融でもおまとめローンの提供をしているところもありますが、金利を重視するのであれば第一候補から外すべきであり、まずは銀行の低金利カードローンでのおまとめ利用を検討してみましょう。低い金利が魅力となるおまとめも出来るオリックス銀行カードローンをはじめとし、まずは低金利で借りられる金融機関から調べておくべきなのです。

 

おまとめローンに対応するかどうか

おまとめローンを利用する際には、基本中の基本としておまとめに対応しているかを確認しなければなりません。カードローンの多くはおまとめや借り換えをOKとしていますが、一部の金融機関においては他社債務の返済に使うのをNGとしているところもあります。

 

有名どころのオリックス銀行おまとめをはじめとする銀行のカードローンであれば大体は問題ないのですが、地方銀行や信用金庫が提供するカードローンの場合には、旧債務返済資金としての借り入れは不可、利用は認められていない商品も多いのです。

 

また、借り換えやおまとめローンとして使えるとしても、元の借り入れ先に指定が入る商品も存在しています。例えば消費者金融からの借り換えは不可としているなど、金融機関によって利用条件は様々となっています。

 

おまとめローン利用前に確認したいこと

複数の借金をひとまとめにするためにおまとめローンの利用を検討する人も多いでしょう。しかし、おまとめローンを使う前に、本当におまとめローンを使うべきか考えることも必要です。

 

まず、今借りている借金に過払い金が発生していないかのチェックはした方がいいでしょう。おまとめローンをやっている金融機関でもホームページなどで、過払い金チェックすることを推奨しています。もし過払い金が発生していれば、わざわざおまとめローンを使わずとも過払い金請求をすることで、あっさりと借金問題は解決できます。

 

また、おまとめローンを利用する場合も、自分自身の返済能力をチェックしてみるべきです。おまとめローンを使ったとして毎月の返済はいくらになるのか、そして、その返済額に余裕を持って対応できるだけの収入があるのかを確認しましょう。もし、ぎりぎりの生活になってしまいそうなら、おまとめローン以外の選択も考えるべきでしょう。

 

例えば、家族や知り合いに事情を打ち明けて、いくらかお金を貸してもらうという選択肢があります。それで全額を返済できなかったとしても、残った借金だけをおまとめローンで一本化して自分で返済するようにすれば、毎月の負担はだいぶ軽くできます。

 

おまとめローンはよく考えて使う

借金返済が楽になると短縮的に考えてしまうと、おまとめローンで思わぬ失敗をする可能性もあります。あくまで借金であることには変わりは無く、おまとめローンとして利用をしたとしてもしっかりと返済を続けていかなければなりません。

 

借りる前には返済計画を立てるのは当然とし、月々の返済金額は現状の収入に対してどの程度になるのか、余裕を持って支払えるのかをまずは確認してください。問題がないならおまとめローンの申し込みをしても良いので、申し込み先を選び、ネットで審査を受けてみると良いでしょう。

 

金利や信頼性を重視している方は三井住友銀行おまとめが適する借り入れ先となるため、カードローンの利用で一本化を考えてみるのもおすすめです。